Microscopic Dentistry

歯科用顕微鏡を使用します。

当院では熟練した院長によって根管治療(根の治療)だけでなく虫歯治療や手術等ほぼ全てで顕微鏡歯科治療を行なっております。
日本での歯科用顕微鏡の普及率は約5%と言われています(そのうち顕微鏡歯科治療に精通している歯科医院は5%よりさらに少ない)。従来であれば「神経を抜くしかない」や「抜歯するしか治療方法がない」と診断されていた症例でも、マイクロスコープで細部まで確認することにより、歯を残せる確率が飛躍的に上がりました。また、今まで原因不明と判断されていた痛みの理由も、歯根破折やマイクロクラック(歯のひび割れ)などを正確にマイクロスコープで発見し、明らかにすることができます。
マイクロスコープを使用することで、今まで肉眼で見えなかったものが最高約25倍で見えるようになります。そのことによって小さい虫歯を早期に発見できたり、歯を無駄に削りすぎることなく侵襲を最小限に留めることが可能です。マイクロスコープは低侵襲治療を行うのに必要不可欠なものと考えております。

rubberdam isolation technique

ラバーダムをおすすめしています。

歯科治療をするとき、歯の周りにかけるゴムのシートのことをラバーダムといいます。ラバーダムは口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態を確保できます。よって歯科治療の効果を飛躍的に上げることができるラバーダムは、当院がお勧めする治療技術です。歯科治療で使用する薬剤や材料・器具などは、水分があると性質を下げてしまうものばかりです。そのためラバーダム防湿で口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態で治療を行うことはとても有効です。ラーバーダム使用でよりよい口腔内の治療環境を保つことで、再治療の確率を下げることができるのです。その上ラバーダムは、治療器具によって粘膜などを傷つけること、治療中に使用する機材の誤飲、などを防ぐことができます。

Painless Dental Treatment

できる限り、
痛みの無い治療を目指します。

治療中の痛みは、患者様にとって大きな不安であると同時に、適切な治療の妨げになります。安心して治療を受けていただく為に、できる限り患者様が痛みを感じない処置をいたします。
麻酔をする前に表面麻酔という塗り薬の麻酔を歯茎の刺入する部位に塗ります。とても細い注射針で電動麻酔器を使い少量ずつ痛みを感じにくい部位からゆっくり順次効かせて行きます。麻酔が効きやすい部位にいきなり刺入すると痛みが強いので、痛みを感じにくい部位から時間をかけゆっくり麻酔することで痛みを感じない、もしくは最小限に留めます。マイクロスコープを使用し無駄に歯を削りすぎず、術後の痛みを最小限に抑えます。

Treatment plan

完全個室の
診察室・カウンセリングルーム

アローズ・デンタルオフィスはカウンセリングも治療も、完全個室でおこないます。患者様に十分リラックスしていただき、治療と向き合っていただきたいと考え環境を整えております。

Treatment plan

オーダーメイドの治療計画

当院では保険診療と自由診療の両方の治療を受け付けております。診断とご相談には十分に時間をかけ、患者様にとっての最善の治療計画をご提案いたします。
根本的な治療前にカウンセリングを行い、治療方法、期間、料金などを理解していただき、治療のゴール地点の共有をしていきます。そして納得していただいた上で治療を開始いたします。

Team Work

チーム医療を行います。


Arrowsチームには技術力が高く日々勉強会や実習を行う歯科技工士や歯科衛生士がいます。また症例により専門分野の在籍ドクターとチームを編成します。スタッフやドクターが患者様と向き合い専門性を十分発揮しプロフェッショナルな治療を提供するため為の環境を作り、患者様をお迎えします。