アローズ・デンタルオフィスの
治療技術

当院では、予防と保全治療に力を入れ、
「ダメになった歯を抜く・削る」のではなく、
「なるべく歯を残す治療」を患者様にご提供したいと考えております。
また、痛みや不快感など治療中の負担を軽減する技術を導入し、
より快適に治療を受けていただく様、努めています。

歯髄温存療法
(バイタルパルプセラピー)

今まで神経に達する大きな虫歯の場合、神経を取り根管治療をしなくてはなりませんでした。ですがマイクロスコープと神経が見えてしまった穴を閉鎖するMTAセメントを使用することによって一定の基準を満たせば、80~90%近い確率で神経を温存できるようになりました。感覚需要期の神経を残せるか残せないかで歯の抜歯リスクが変わって来ます。虫歯が大きくても諦めず一度アローズデンタルオフィスにご相談ください。

歯の移植

歯の移植のことを自家歯牙移植といいます。抜歯しなくてはいけなくなってしまった歯の場所に別の歯(主に親知らず)を抜いて移植する方法です。ご自身の歯なので違和感なく噛み合わせを回復できます。 歯科用CTを使用し、抜歯前に移植が可能かどうかなど審査診断を行います。
アローズデンタルオフィスでは最大限ご自身の歯で咬めるように努力してまいります。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、お口の中で直接歯にレジン(プラスチックの樹脂)を盛って修復する治療法です。割れたり欠けたりした歯を修復したり、歯の隙間を埋めたり、歯の色を改善したりすることが出来ます。 ダイレクトボンディングに使用するレジンは保険治療で使用するレジンよりも高品質で審美性が高いものになります。さまざまな色調のレジンを少しずつ塗り重ねて形成しますので、自然な歯の色に近い美しい色合いに仕上げることができます。 

ダイレクトボンディングについて
(院長サイト)

ラバーダム

歯科治療をするとき、歯の周りにかけるゴムのシートのことをラバーダムといいます。ラバーダムは口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態を確保できます。よって歯科治療の効果を飛躍的に上げることができるラバーダムは、私がお勧めする治療技術です。歯科治療で使用する薬剤や材料・器具などは、水分があると性質を下げてしまうものばかりです。そのためラバーダム防湿で口の中から歯を隔離し、水分を防湿しながら清潔な状態で治療を行うことはとても有効です。ラーバーダム使用でよりよい口腔内の治療環境を保つことで、再治療の確率を下げることができるのです。その上ラバーダムは、治療器具によって粘膜などを傷つけること、治療中に使用する機材の誤飲、などを防ぐことができます。

ラバーダムについて
(院長サイト)

無痛治療

表面麻酔

麻酔をする前に表面麻酔という塗り薬の麻酔を歯茎の刺入する部位に塗ります。

細い注射針と電動麻酔器

とても細い注射針で電動麻酔器を使い少量ずつ痛みを感じにくい部位からゆっくり順次効かせて行きます。

麻酔に時間をかけます

麻酔が効きやすい部位にいきなり刺入すると痛みが強いので、痛みを感じにくい部位から時間をかけゆっくり麻酔することで痛みを感じない、もしくは最小限に留めます。

虫歯の処置など一般診療全てをマイクロスコープで

麻酔をした後なので処置中の痛みはもうありませんが、マイクロスコープを使用し無駄に歯を削りすぎず、術後の痛みを最小限に抑えます。

以上のことを行うことで、アローズデンタルオフィスではストレスなく治療を受けていただける環境を整えています。